セラピストの業務委託契約で働く時の注意点

セラピストの業務委託契約で働く時の注意点

セラピストの求人募集の多くは業務委託契約で、完全歩合制の報酬制度です。

 

業務委託契約という言葉を聞きなれない方にとっては、
一体どんな契約なのか実態がよくわからないでしょう。

 

業務委託契約については、完全歩合制とセットでしっかり
把握しておくことが重要です。
(⇒セラピストの完全歩合制のメリットとデメリットは?厳しい世界を覚悟しよう)

 

セラピストの業務委託契約と正社員雇用との違いは何?

みなさんが馴染みのあるアルバイト、パート、契約社員、正社員などは、
会社と雇用契約を結び、「労働者」として働いています。

 

雇い主と労働者は上下関係があるので、労働者が不当な扱いを
受けることから守るためにできた法律が、労働基準法です。

 

賃金や労働環境の最低条件を定めていて、例えば「週に40時間以上、
1日8時間以上働かせてはならない」「女性であることを理由に、
男性と賃金の差をつけてはならない」というような内容です。

 

雇用保険、健康保険、厚生年金などの社会保険の加入も必要とされています。

 

労働基準法に違反する会社は、ニュースで取り上げられたり、「ブラック企業だ」と
叩かれたりするので、抑止力になっているのではと思います。

 

しかし本題の業務委託契約については、この労働基準法が適用されません。

 

というのも、業務委託契約では会社と個人はあくまでも対等な立場であり、
守られるべき労働者ではなく「事業者」という位置付けだからです。
スポンサーリンク

セラピストの業務委託契約のサロンで働く時の注意点は?

給料の保障がない

 

業務委託契約(完全歩合制)の場合は、施術をした時間分のみ
給料が支払われます。

 

お客さんが一人も来なかった場合は0円です。

 

「まさか〜さすがに0円ってことはないでしょ〜」と思う方もいるかもしれません。

 

私は実際に1日休憩時間も含め9時間ほど、サロンにいたのに、
お客さんの施術に入れず、その日の報酬が0円ということが、何回かありました。

 

「出勤したのにただただ掃除をしたりするだけで、何にもならない。
自分は何をやっているんだろう」と泣きたくなりました。

 

最近では最低保障制度を設ける会社もわずかながら出てきたようですが、
あくまでも最低限なので10万前後といった額です。

 

また清掃やレジ開け・閉めなどで、早く出勤したり、遅く退勤した場合も、
その時間の給料は出ません。

 

業務委託契約の歩合制で働くのはなかなか厳しいことです。

 

交通費が出ない

 

交通費が出ないところが多いので、勤務先を選ぶ際には注意が必要です。

 

通勤にかかった電車代やバス代は自分持ちです。

 

なるべく自宅から近いところを選んだ方が負担が少なくなります。

 

ただし近くの閑散店より、少し時間がかかっても繁盛店に勤めた方が
稼げる可能性はあります。

 

例えば電車で30分かかる人気の大型スパと、電車で5分以内で通える
集客力がイマイチのサロンだったら、交通費を差し引いても大型スパの方が
稼げるのではないかと思います。

 

社会保険がない

 

社会保険が一切ないので、自分で国民年金、国民健康保険の加入をする必要があります。

 

また雇用保険、労災保険の加入もないので、退職する際の失業保険も出ないですし、
業務を通してケガをした場合の援助もありません。

 

正社員と同じ時間働いているのに、社会保険がないのは損だと思う方は、社会保険が
完備されている正社員、契約社員の募集がある会社に就職した方がいいと思います。

 

自分で確定申告しなければならない

 

正社員で会社に雇われている場合は、年末調整してくれるので何もしなくてもいいですが、
業務委託契約で働くセラピストは毎年自分で所得税の確定申告をします。

 

いつか独立したいと考えている人は、いずれしなければならないので、
良い練習になるかもしれませんが、めんどうくさいものなんですよね…。

全てが自己責任の業務委託契約

以上、申しました通り、業務委託契約で個人事業主として働くということは
「全て自己責任」だということです。

 

報酬が低いことも、腱鞘炎になって施術ができないことも、全て自分で
責任を負わなければならず、会社に甘えることはできません。

 

もし業務委託のサロンへの就職が気になっているならば、厳しさを理解したうえで、
「それでもチャレンジしてみたい」か、自問自答してみましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

セラピストの完全歩合制のメリットとデメリットは?厳しい世界を覚悟しよう
セラピストの完全歩合制のメリット・デメリットを知らずに就職先を決めてしまうのは危険です。これらをまず理解することが大切です。完全歩合制の一番のメリットは稼げる可能性があることです。
セラピストの固定給料制のメリットとデメリットは?適性はある?
リラクゼーション業界はは完全歩合制のサロンが主流ですが、固定給料制のサロンもあります。性格や状況から固定給料制で働いた方が良い方もいますので、あなたがどちらに合うか熟慮しましょう。
セラピストの給料と年収の相場は?安いの?
リラクゼーション業界でセラピストとして働く上で給料と年収の相場はとても重要な要素の一つですよね。安いか高いかの相場は歩合制なのか固定給制かによっても変わってきます。
セラピストの歩合制で働きたいなら必見の繁盛店を見分けるポイント
完全歩合制のサロンで働くなら、繁盛店か閑散店かで、給料に雲泥の差が生まれます。繁盛店を見分けるポイントを個人的に考えてみました。